キャバ嬢の世界


キャバ嬢も厳しい時代になりました。
by 8yw2kqfxsk
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:未分類( 73 )


広島ガス子会社元課長ら5人逮捕=資材の架空取引で詐欺容疑−県警(時事通信)

 広島ガスの子会社「広島ガス開発」(HGK、広島市南区、現・広島ガステクノ)などで架空仕入れや販売を繰り返す「循環取引」が行われていた事件で、広島県警捜査2課などは6日、詐欺容疑で元同社建装課長井村修児容疑者(52)=広島県廿日市市平良、懲戒解雇=ら5人を逮捕した。
 ほかに逮捕されたのは、パナソニック電工(大阪府門真市)の子会社「パナソニック電工リビング中国」(広島市、現・パナソニック電工リビング中四国)の元営業課長山本晶三(56)=廿日市市住吉、同=と、元建材販売会社役員藤岡義彦(60)=広島市西区高須=両容疑者ら。
 同課によると、井村容疑者は「覚えていない」などと容疑を一部否認。藤岡、山本両容疑者は認めているという。
 逮捕容疑は、井村容疑者らは個人的資金を得る目的で共謀し、マンション工事の資材をめぐり3件の架空取引を行い、同市内の別の2社から約4800万円をだまし取った疑い。
 同課は3人が主導的な役割を果たしたとみて、調べている。
 広島国税局のHGKに対する税務調査などで不正が発覚。HGKは井村容疑者を、パナソニック電工中国は山本容疑者をそれぞれ背任容疑で県警に告訴していた。
 広島ガスによると、HGKなどの循環取引によるグループの連結売上高の水増し分は、昨年3月期までの10年間で572億円に上る。 

【関連ニュース】
無料で電話OKの薄型テレビ=北米で今春発売
石井社長に報酬5億円=近未来元専務ら再逮捕-3500万詐欺容疑・警視庁
元課長ら数人を立件へ=広島ガス子会社の循環取引
株式の投資単位、引き下げ相次ぐ=個人投資家にアピール-09年
雄山会、破産へ=診療報酬不正受給の「山本病院」運営

債務整理
f6v7r42mのブログ
クレジットカード現金化 比較
現金化
自己破産
[PR]

by 8yw2kqfxsk | 2010-01-12 12:34

アニメゆかりの地、冊子で紹介=観光客を呼び込み−東京都(時事通信)

 東京都は、国内外から観光客を呼び込もうと、アニメにゆかりが深い施設や地域を紹介する冊子づくりの支援を検討している。日本語や英語のほか、中国語版や韓国語版も視野に入れる。都は来年度、アニメ関連の業界団体に作成費用を補助する考えだ。
 日本のアニメは海外でも人気があり、アニメ関連の店舗が集まる秋葉原には、外国人を含め多くの観光客が訪れる。
 都内では、宮崎駿氏が館主を務める「三鷹の森ジブリ美術館」(三鷹市)も有名。調布市には「ゲゲゲの鬼太郎」の作者水木しげる氏が住み、妖怪のモニュメントが並ぶ商店街がある。
 都内が舞台となっている漫画で、アニメ化された「こちら葛飾区亀有公園前派出所」も広く知られている。ただ、こうした情報をまとめ翻訳した資料が少ないため、冊子づくりが持ち上がった。完成後は、日本文化を紹介する海外のイベントで配布し、PRに使う考え。冊子には、キャラクターを登場させるほか、施設や地域を巡るルートを示した地図を盛り込むことなどを想定している。 

【関連ニュース】
京の伝統、欧州に紹介=輸出で活気を
地上波の日本ドラマ解禁に前向き=韓国文化相
野口さん、きぼうで初実験=「宇宙庭」に水
「文化をばかにしている」=歌丸師匠、芸術費削減に立腹
タイ付近から北上、東進か=数万年前のアジア人類移動

コンゴ語で語る日本の出来事
たかゆきのブログ
現金化
即日現金化
現金化口コミ
[PR]

by 8yw2kqfxsk | 2010-01-09 14:24

新型インフル 「油断は禁物」 冬季再流行も 怖い「季節性」(産経新聞)

 メキシコや米国を“震源地”として昨年4月に発生した新型インフルエンザ。秋以降は日本でも本格的な流行となり、死者も昨年12月6日に100人を超え、一時は混乱を極めた。11月下旬をピークに流行は治まりつつあるが、多くの専門家が「油断は禁物」と警戒を呼び掛ける。これからインフルエンザの流行に最も適した時期を迎えることや、季節性インフルが新型の流行に及ぼす影響も分かっていないためだ。新型インフルの流行は今後どうなるのか−。(蕎麦谷里志)

 新型インフルは昨年8月末に流行入りすると、10月末ごろから感染者が急増し本格的な流行となった。これまで最も感染者が多かったのは11月29日までの1週間で、1病院当たり平均で39・63人。しかし、その後は減少傾向にある。

 一般的にインフルの流行はいったん減少し始めるとそのまま終息することが多い。通常であれば一安心という状況だが、今回の流行に関していえば、まだ油断はできない。

 1〜3月は気温が下がり乾燥するため、ウイルスの拡大には最も適した時期となるためだ。例年の季節性インフルも、この時期に本格的な流行を迎える。

 国立感染症研究所感染症情報センターの谷口清州第一室長は「このまま流行が治まっても、再び小さな流行が起きることは十分考えられる」と話す。1918年のスペインかぜや57年のアジアかぜなど、過去の新型インフルエンザではいったん大きな流行を過ぎた後も、2、3カ月後には再び小規模な流行が発生しているからだ。

 ただ流行規模については「多くの人がすでに感染して免疫を獲得しているため、ウイルスに大きな変異が生じなければ流行の規模は限定的だろう」と予想する。感染研によると、医療機関を受診したこれまでの累積感染者数は推計で約1546万人(昨年12月13日現在)。症状のない感染者が約2割いるとの報告もあり、免疫を獲得している人はさらに多いとみられる。

 感染が子供に集中し、20代以上の感染者がまだ少ないことから、北里大医学部の和田耕治助教(公衆衛生)も「再流行の可能性はある」とした上で「油断によって流行を大きくしないようにしないといけない」と対策の継続を訴える。

 心配なのは、ウイルスが変異し毒性が強まることだ。ウクライナなど一部の国では死亡したり重症化したりした感染者から変異したウイルスが確認された。しかし、感染研は「ウイルスの変異が重症化を引き起こしているかは不明。毒性の強いウイルスが広がっているという情報も今のところはない」と冷静な対応を呼びかけている。

 一方で北海道大の喜田宏教授(微生物学)は「新型にとらわれすぎて季節性対策をおろそかにしてはいけない。季節性は毎年1万人が死亡するとされているが、新型の死亡はその何百分の1にすぎない。新型の毒性が強まっても季節性程度になるだけだろう」と話す。何年も人の間で流行し、人の体内で増えやすくなっている季節性ウイルスの方が新型よりも注意すべきなのだという。

siranui
l61wrs1oのブログ
パチンコ攻略
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化 比較
[PR]

by 8yw2kqfxsk | 2010-01-08 19:00