キャバ嬢の世界


キャバ嬢も厳しい時代になりました。
by 8yw2kqfxsk
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

携帯マナーで口論 男性を殴った容疑(産経新聞)

 14日午前7時55分ごろ、西武新宿線高田馬場駅で、車内で携帯電話を使用していた男性(49)が男に注意されて口論となった。男性はホーム上で男に殴られ、駅に進入してきた列車と接触。右手の骨を折る重傷を負った。

 戸塚署は傷害の現行犯で、男性を殴った東村山市栄の会社員、松川弘容疑者(45)を逮捕。同署によると、松川容疑者は「マナー違反を注意したのに文句を言われ、カッとなった」と供述している。

<南アW杯>ライオンはどこの国…神戸でオリジナルカクテル(毎日新聞)
政府、情報連絡室を設置=福島地震(時事通信)
<イクメン>厚労省が男性の育児参加プロジェクト(毎日新聞)
止まらぬ感染拡大、10年前の成功で油断(読売新聞)
労働基本権、見直しには影響提示を=海外事例を紹介―人事院年次報告(時事通信)
[PR]

# by 8yw2kqfxsk | 2010-06-19 07:42

次期首相有力の菅副総理 「イラ菅」へ戻る?「無心の境地」?(J-CASTニュース)

 「ポスト鳩山」選びは、菅直人・副総理兼財務相(63)を軸に進んでいる。2010年6月4日、民主党の代表選があり、「新首相」が事実上決まる。市民運動から政界入りした菅氏とは、どんな人物なのか。

 「鳩山首相の思いを受け継ぎながら、若い力も発揮してもらい、閉塞感を打ち破りたい」。菅氏は6月3日夜、代表選への立候補を表明する記者会見でこう意欲を示した。こまめに顔を左右に振りながらも淡々と話した。代表選にはほかに、樽床伸二・衆院環境委員長が立候補会見を開いている。菅氏に対しては、自らも「ポスト鳩山」候補として名前が挙がっていた岡田克也外相が条件付きながら支持を表明するなど、菅氏の支持固めが進んでいる。

■ミニ遍路終え「無心に」

 6月2日にあった鳩山由紀夫首相の突然の退陣表明は、7月の参院選を前にした改選組などからの不満噴出を受けたものだ。菅氏にとっては、どこか他人ごとではない、という思いもあるかもしれない。菅氏は04年5月、参院選を目前に控えた段階で民主党代表を辞任した。

 自らの「年金未加入問題」で批判が高まり、菅氏は「行政上のミスだ」と主張したものの、選挙を前に「顔」を代えるよう求める党内の声に屈した形だった。年金未納が発覚した自民党の中川昭一・経済産業相(当時)ら3閣僚に対し、菅氏が「未納3兄弟だ」と、1999年のヒット曲「だんご3兄弟」にかけて激しく批判していただけに、菅氏と民主党への風当たりは一層強くなっていた。

 菅氏は辞任後の7月15日、頭を短く刈り上げ白衣にすげ笠姿で徳島県にいた。「お遍路」で知られる「四国霊場八十八か所巡り」を始めたのだ。動機について「自分を見つめ直したかった」と話していた。7月25日、予定通り24か所の「ミニ遍路」を終え、「無心になれた」と笑顔を見せた。「年金未加入問題」については、辞任後ほどなく、菅氏の主張通り「行政上のミス」だったことが分かっている。1996年に厚生相(橋本龍太郎内閣)に就任した際の「大臣特例」の扱いを行政側が誤ったものだった。

 厚相時代の菅氏といえば、薬害エイズ問題への対応で注目を浴びた。当時「ない」とされた行政側に不利な資料を強い指示で発見させ、行政責任を認めて被害者らに謝罪した。資料発掘などに対しては官僚側から強い抵抗があったとされ、「役人に厳しい政治家」との印象が広がり国民的人気が高まった。

■「総理大臣という難行苦行」

 当時から、「イラ菅」のあだ名で知られ、すぐにいらだつ性格、とも指摘されていた。菅氏が財務相に就任した10年1月には、テレビ朝日系の情報番組「スーパーモーニング」(1月7日)で、テレ朝コメンテーターの三反園訓さんが「いまはシズ(静)菅だが、またイラ菅に戻るかもしれない」と解説していた。

 菅氏は財務相就任後、まだイラ菅に戻った訳ではなさそうだが、首相就任が決まったとしたら、その後はどうだろうか。鳩山首相が大きくつまずいた米軍普天間移設問題も、日米合意にはたどり着いたものの地元沖縄の強い反発は残ったままで、難問は山積している。菅氏が「ミニ遍路」を行った際、当時の小泉純一郎首相は、自分もそうした「難行」に行ってみたい気持ちもある、としつつ「総理大臣やってる限りは、この職責自身が難行苦行ですから」と話していた。菅氏は「総理大臣という難行苦行」を、遍路後の感想のように「無心」の心境で乗り切ろうとしているのだろうか。

 菅氏は、市民運動から政界入りした。婦人参政権運動家として知られる、故市川房枝・元参院議員の選挙に携わるなどし、1980年の総選挙で社会民主連合公認で初当選した。現在10期目。


■関連記事
ポスト鳩山は菅副総理最有力 「小沢離れ」志向か : 2010/06/02
赤松農水相の動画に非難殺到 にやけた表情で「早く殺せって言ってる」 : 2010/05/31
支持率低いのはマスコミのせい 菅発言が示す「政権末期症状」 : 2010/05/19
1周忌に寄せてトリビュート 親愛なるMJを閉じ込めて… : 2010/06/03
20代が抱く会社への不満「給料安すぎ」「休み少ない」 : 2010/06/03

諫早干拓 農水幹部を長崎に派遣(毎日新聞)
菅首相が誕生=官房長官に仙谷氏―「枝野幹事長」を検討・組閣は8日(時事通信)
「冷たいビール欲しい」野口さん家族のもとへ出発(産経新聞)
校舎3階窓から小1女児転落死…兵庫(読売新聞)
<みんなの党>参院選、3氏を追加公認(毎日新聞)
[PR]

# by 8yw2kqfxsk | 2010-06-08 16:07

地方競馬 騎乗4万回…桑島騎手がラストラン(毎日新聞)

 「寝るか、馬の上にいるかだった。悔いはないです」。地方競馬騎手として歴代1位の約4万回の騎乗を誇る桑島孝春騎手(55)=船橋競馬所属=が28日、浦和競馬場(さいたま市)でラストランに臨み、現役引退した。

 北海道出身。15歳で上京し71年にデビュー。85年のジャパンカップで2着に入った。通算4713勝は歴代4位。ムチを回転させるように振るう「水車ムチの桑島」が代名詞だった。

 この日は3回騎乗し、2着が最上位だったが、記録を4万201回に伸ばした。レース後、桑島騎手は「ファンの皆さまの温かい声援が、40年間の騎手生活の大きな力になりました」と笑顔であいさつした。【西田真季子】

【関連ニュース】
<コラム>牧太郎の大きな声では言えないが…:お疲れ!水車ムチの桑島
<地方競馬の話題>笠松競馬新人騎手・森島貴之さん「ファンに認められるように」
<地方競馬の写真特集>盛岡競馬 南部杯
<ダービー>武豊が苦渋の決断…騎乗を断念
<コラム>井崎脩五郎の予想上手の馬券ベタ

日本創新党との連携も たちあがれ平沼氏(産経新聞)
<土砂崩れ>孤立の町、ダム湖でボート住民の足に 山梨(毎日新聞)
こち亀 曲げられた「麗子像」まっすぐに 誰の仕業?(毎日新聞)
小沢氏に国会での説明責任要求 谷垣、渡辺氏(産経新聞)
原口総務相に是正申し入れ=ネットの児童ポルノ対策―国家公安委員長(時事通信)
[PR]

# by 8yw2kqfxsk | 2010-05-29 19:05

10キロ圏内の殺処分を決定=政府の口蹄疫対策本部(時事通信)

 政府の「口蹄(こうてい)疫対策本部」(本部長・鳩山由紀夫首相)は19日、官邸で会合を開き、宮崎県で口蹄疫の被害が拡大していることに対し、感染拡大を抑えるため発生地の半径10キロ圏内の家畜にワクチンを投与した上で殺処分することを決定した。10〜20キロ圏内については早期出荷を促す。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「口蹄疫」
鳩山首相、責任追及より防疫先決=午後に政府対策本部
ワクチン使用判断へ=口蹄疫の感染拡大防止で
拡大防止へ全頭殺処分=政府高官が見通し
感染拡大防止策を検討=口蹄疫で専門家委開催

男性2人刺され心肺停止…大阪のマンション(読売新聞)
常用漢字改定案、文化審議会分科会も了承(産経新聞)
口蹄疫、感染疑い100カ所超=県家畜改良事業団でも―宮崎(時事通信)
接続遮断、限定的に=年度内実施で合意―ネット上の児童ポルノ対策・総務省有識者研(時事通信)
資金問題、小沢氏は説明を=民主幹部に蓮舫氏ら直訴(時事通信)
[PR]

# by 8yw2kqfxsk | 2010-05-21 20:06

<食品衛生法違反>疾病牛の内臓を販売 3容疑者逮捕 栃木(毎日新聞)

 病気にかかった牛(疾病牛)の内臓を食品として冷蔵庫に貯蔵・販売したなどとして、栃木県警生活環境課と大田原署は12日、埼玉県熊谷市中西4、牛内臓卸売販売業、小林利之(72)▽栃木県大田原市元町2、同、丸亀安男(53)▽群馬県伊勢崎市境伊与久、廃棄肉回収業、新井浩志(35)−−の3容疑者を食品衛生法(病肉の貯蔵・販売の禁止など)違反容疑で逮捕した。

 3人の逮捕容疑は昨年12月〜今年3月、出入りしていた大田原市の食肉処理場「那須地区食肉センター」で計5回にわたり、肝炎などにかかって廃棄すべき牛の内臓を食品として冷蔵庫に貯蔵したとしている。さらに丸亀容疑者は今年2月、これらの内臓の一部を栃木県内の精肉店に販売したなどとしている。

 県警によると、3人とも容疑を認めている。疾病牛の肉の流通ルートなどの解明を進めているが、現在のところ、消費者側に健康被害は確認されていないという。【岩壁峻】

【関連ニュース】
中国産ワカメ:産地偽装容疑で徳島の水産業者を逮捕
コープかながわ:売れ残ったトンカツを冷凍し再び販売
輸入義務米:1096トン廃棄 汚染米事件後、活用できず
コープかながわ:売れ残ったカツ、冷凍し再び販売
食品廃棄:安易な廃棄「待った」 消費者団体がガイドライン提案

女児虐待、母親再逮捕=浴槽に監禁容疑−「夫に指示」・福岡県警(時事通信)
【静かな有事】第4部 少子化を止めろ(4)不安定雇用「結婚なんて」(産経新聞)
御柱祭で落下事故、1人死亡=1人が重体−長野・諏訪大社(時事通信)
大阪・中国道7台衝突、死亡は長崎の48歳運転手(産経新聞)
自公、予算委集中審議の開催を要求へ(産経新聞)
[PR]

# by 8yw2kqfxsk | 2010-05-13 13:52