キャバ嬢の世界


キャバ嬢も厳しい時代になりました。
by 8yw2kqfxsk
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

工場火災 横浜で化学工場が爆発 8棟全焼し7人がけが(毎日新聞)

 7日午後5時50分ごろ、横浜市金沢区福浦1の化学メーカー「日本カーリット」横浜工場で爆発が起きたと110番があった。神奈川県警金沢署と市安全管理局によると、事務所などを含む工場内の建物11棟のうち8棟(面積約2229平方メートル)が倒壊・全焼し、同8時15分に鎮火した。工場の従業員5人と別の工場の男性従業員、近くを車で走行中に割れたフロントガラスで右手を切った男性の計7人が軽傷を負った。

 県警によると、爆発当時、従業員15人が工場内にいたという。1棟で2回の爆発があったとみられる。工場では工業化学薬品を製造しており、同社によると、薬品を合成する「有機製造所」と呼ばれる工場棟が爆発したとみられる。

 日本カーリットによると、横浜工場は敷地約9900平方メートルで、従業員25人。工場は08年4月にも実験棟が爆発し従業員2人が死傷しており、当時の工場長ら3人が先月、業務上過失致死傷などの容疑で県警に書類送検されていた。当時、同社の担当者は「爆発を招くような危険物を扱う業務をやめた」と説明していた。

 7日の爆発では、約200メートル離れた自動車部品製造工場の窓ガラスが割れたり、敷地内に金属製の階段の一部や鉄パイプなどが落下。男性社員(41)は「赤い火が見えたので窓を開けて外を見たら、火柱が上がり、数秒後にドーンという音と衝撃が2回走った。火柱は打ち上げ花火みたいに200メートルぐらい上がり、建物のガラスがバリバリと鳴っていた。上空に何かが飛んでいるのが見えたので、外に出た従業員に建物内に入るよう声をかけた」と話した。別の工場の従業員、森寿さん(31)は「(自分の)工場が揺れるほどの衝撃で、2年前の爆発とは比べ物にならないくらい大きかった」と驚いていた。

 現場は横浜新都市交通・金沢シーサイドライン産業振興センター駅の約500メートル東にある工業団地の一角で、横浜港に面している。【池田知広、吉住遊、中島和哉】

【関連ニュース】
クレーン倒れる:600キロ資材落下、作業員死亡 京都
工場火災:溶鉱炉から鉄とコークス漏れる 千葉のJFE
工場爆発:4人死亡 汚泥除去作業中 大阪
水の事故:ため池に転落、小6男子死亡 山梨・北杜
日本製鋼所:室蘭製作所で高炉製品の下敷き、2人死亡

rz1xr4deaのブログ
小人村
債務整理・自己破産
クレジットカード現金化
携帯ホームページ
[PR]

by 8yw2kqfxsk | 2010-01-13 14:14
<< 憲法改正、自民が「第2次草案」... <成人式>戦車と隊員綱引き 大... >>