キャバ嬢の世界


キャバ嬢も厳しい時代になりました。
by 8yw2kqfxsk
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

新型インフル 「油断は禁物」 冬季再流行も 怖い「季節性」(産経新聞)

 メキシコや米国を“震源地”として昨年4月に発生した新型インフルエンザ。秋以降は日本でも本格的な流行となり、死者も昨年12月6日に100人を超え、一時は混乱を極めた。11月下旬をピークに流行は治まりつつあるが、多くの専門家が「油断は禁物」と警戒を呼び掛ける。これからインフルエンザの流行に最も適した時期を迎えることや、季節性インフルが新型の流行に及ぼす影響も分かっていないためだ。新型インフルの流行は今後どうなるのか−。(蕎麦谷里志)

 新型インフルは昨年8月末に流行入りすると、10月末ごろから感染者が急増し本格的な流行となった。これまで最も感染者が多かったのは11月29日までの1週間で、1病院当たり平均で39・63人。しかし、その後は減少傾向にある。

 一般的にインフルの流行はいったん減少し始めるとそのまま終息することが多い。通常であれば一安心という状況だが、今回の流行に関していえば、まだ油断はできない。

 1〜3月は気温が下がり乾燥するため、ウイルスの拡大には最も適した時期となるためだ。例年の季節性インフルも、この時期に本格的な流行を迎える。

 国立感染症研究所感染症情報センターの谷口清州第一室長は「このまま流行が治まっても、再び小さな流行が起きることは十分考えられる」と話す。1918年のスペインかぜや57年のアジアかぜなど、過去の新型インフルエンザではいったん大きな流行を過ぎた後も、2、3カ月後には再び小規模な流行が発生しているからだ。

 ただ流行規模については「多くの人がすでに感染して免疫を獲得しているため、ウイルスに大きな変異が生じなければ流行の規模は限定的だろう」と予想する。感染研によると、医療機関を受診したこれまでの累積感染者数は推計で約1546万人(昨年12月13日現在)。症状のない感染者が約2割いるとの報告もあり、免疫を獲得している人はさらに多いとみられる。

 感染が子供に集中し、20代以上の感染者がまだ少ないことから、北里大医学部の和田耕治助教(公衆衛生)も「再流行の可能性はある」とした上で「油断によって流行を大きくしないようにしないといけない」と対策の継続を訴える。

 心配なのは、ウイルスが変異し毒性が強まることだ。ウクライナなど一部の国では死亡したり重症化したりした感染者から変異したウイルスが確認された。しかし、感染研は「ウイルスの変異が重症化を引き起こしているかは不明。毒性の強いウイルスが広がっているという情報も今のところはない」と冷静な対応を呼びかけている。

 一方で北海道大の喜田宏教授(微生物学)は「新型にとらわれすぎて季節性対策をおろそかにしてはいけない。季節性は毎年1万人が死亡するとされているが、新型の死亡はその何百分の1にすぎない。新型の毒性が強まっても季節性程度になるだけだろう」と話す。何年も人の間で流行し、人の体内で増えやすくなっている季節性ウイルスの方が新型よりも注意すべきなのだという。

siranui
l61wrs1oのブログ
パチンコ攻略
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化 比較
[PR]

by 8yw2kqfxsk | 2010-01-08 19:00
<< アニメゆかりの地、冊子で紹介=...